fujiwara hiroki

健康の提供、プライベートの事、美容の事まで『お悩み解決』

冷えた身体に一番の温め方法は?

こんばんは
清瀬 整体
藤原弘樹です



昨日、今日と
朝が寒かったですよね


身体を冷やすと
神経症など
起こりやすくなります

筋肉を柔らかくする

がまずは条件になりますので
神経症が落ち着く効果もあります




今日は
たまたま
いい記事を。



半身浴より全身浴!? 医師おすすめ「身体が芯から温まる」入浴法 | Rhythm (リズム)

理想的な入浴のしかたは、寝る直前に40℃以下のお湯に30分間、浸かるのがベストでしょうね。40℃を超えると交感神経が優位になり、血管が収縮し、お湯による熱の浸透が悪くなってしまいます。

—— お湯の温度が40℃より上がると逆効果なのですね。

40℃以下だと、最初は温まりにくいのですが、時間をかけて体をじっくり温めることで、副交感神経が優位になってきます。そうするとリラックス効果が高まり、血管も収縮が弱まり開いてくるので、熱の浸透もよくなります。湯冷めしにくくなるわけですね。


まとめると
40℃以下の温度で
時間をかけて浸かることにより

  1. 身体が温まりやすい
  2. 副交感神経優位で睡眠しやすい
  3. 湯冷めしにくいので身体が冷えにくい


熱いのをサッと
入るより、

37℃ぐらいを
ゆーっくり入った方が
いいのですね


是非行ってみてください♫
交感神経、副交感神経に
ついてはご相談下さいね!

より健康に!
では!